格闘道イベント 敬天愛人

お出かけ

格闘技は苦手です…

理由は3つ

1 痛そう

2 殴り合いや蹴り合いは喧嘩の延長に思えてしまうから

3 ルールがまったく分からないから

そんな私が鹿児島初の格闘道(格闘技ではなく、格闘道!)イベント敬天愛人を観に行ってきましたが…

行ってよかったーーーー!!

格闘技をテレビでしか見たことがなかったから、苦手だったことが分かった!

生で見ると選手の息遣いを感じられるほどの臨場感。

技を繰り出す音、筋肉や骨がぶつかる音を感じて、

格闘技ってスポーツと思いました。

決勝に近づくほどに試合が面白くなって真剣に見ました。

格闘家の方々はとても礼儀正しかったです。

負けた選手が勝った選手を称えて肩車したり、

試合後にお互い歩み寄って肩を組んで退場したり。

ラグビーと一緒でノーサイドだなーと感動しました。

決勝の前の国歌を歌われたのは鹿児島ご出身の辛島美登里さん!

お声もお姿もお美しかった…

決勝戦は

このイベントの総合プロデューサーでもある菊野克紀さんVSロッキー川村さん

とっても白熱した試合でした。

優勝は菊野克紀さんで、お子さん、奥さまと感動を分かち合っている姿にうるうるしてしまいました。

菊野さんが

「今日まで本当に怖くて怖くてたまりませんでした」

と言っていたんだけど、その怖さを越えてイベント成功を成し遂げた勇気がすごい!

わたしの格闘技に対する偏見がなくなって、

格闘技は礼儀正しさやノーサイドの精神、強さを学ぶための立派なスポーツだ

ということを理解できた貴重な体験でした。

そして1人、ファンになった選手が♡

決勝後に、巻き藁を日本刀で切って悪運を断切るという

「悪運斬り抜刀」というパフォーマンスがありました。

その「悪運斬り抜刀」で切られた巻き藁が来場者には配られるということで、

希望者が殺到したんです。

係の方がお一人でハサミで藁を小さく切っては渡し、切っては渡しと

とっても大変そうでした。

そしたら、いつのまにか菊野さんと決勝を戦ったロッキー川村さんがお手伝いをされていたんです。

決勝戦直後で疲れていらっしゃるだろうに、なんて良い方なんだー!と

ファンになりました!!

格闘技苦手だった私だけど、本当に楽しんだイベントでした。

誘ってくれた夫、ありがとう♡

コメント