1日にとるべき水分量はそれぞれ違います。目安量は体重から計算します。

健康

9月になり、だいぶ涼しくなってきました。

これから気温はどうなるのかなーと思って調べてみました。

気象庁による9〜11月の天候の見通しをみると

平均気温は全国的に高い傾向にあるようです。

 

暑い日が続くと熱中症が心配です。

総務省消防庁によると、

8月27日~9月2日までの全国の熱中症による救急搬送人員は、

2794人だったそうで、熱中症はまだまだ心配です。

 

熱中症の予防にはこまめな水分摂取が必要ですが、

じゃあ、いったいどのくらい水分をとったらいいのでしょう。

一般的に○○Lとか、成人は○○Lといった情報がありますが、

体格はそれぞれ違うので、必要な量が一緒のはずはないですよね。

日本人の平均体重(40〜60kg前後)に当てはまる人では、

体重1kg当たりの1日に必要な水分量はおよそ35mLです。

実践!臨床栄養 東口 髙志 編 (株)医学書院 発行

 

わたしの場合は、

52kg×35mLで1820mL

食事から600mL〜800mLとっていると考えられるので、

1日に食事以外から水を1.2L〜1.0L飲めばよいことになります。

 

ただ、年齢や体格、体温の高さ、活動量、

気温や湿度、乾燥など環境の状態によっても違ってくるので、

あくまでも、この量は目安量です。

腎臓や心臓の疾患の方は水分制限の場合がありますので、主治医の先生にご確認をお願いしますね。

 

私たち夫婦は、朝どちらかが必ず、お互いのコップに水を注いで

水飲むよーと声をかけあっています。

朝はバタバタなので、こんな風に立ったまま飲んじゃいます。

おじいちゃん、おばあちゃんになっても

こんな風にしたいものです。

その時は、水に加えて、薬も飲むよ〜ってなるのかもですね。

健康
スポンサーリンク
ちゃとらをフォローする
管理栄養士のほぼ健康的な生活

コメント