伝統的工芸品 鹿児島県姶良市加治木町の龍門司焼き

わたしの好きなもの

焼き物が好きです。

その中でも龍門司焼が特に大好きで、たくさん持っています。

私が考える龍門司焼のいいところ!

1 見た目ほど重くない

2 黒と白とあって、盛り付ける料理で使い分けしやすい

3 お手頃なお値段。日常に気兼ねなく使える

4 直接、窯元に買いに行ける

5 三彩がかわいい

三彩は、下の写真みたいに白の土台に緑と茶の三色の伝統的な装飾のこと。

我が家では、こうやって黒糖を入れています。

龍門司焼は薩摩焼のカテゴリに属します。

その歴史は、文禄・慶長の役(1529~1598)、

別名「やきもの戦争」で朝鮮出兵した薩摩藩17代藩主島津義弘が

80人以上の朝鮮人陶工を連れ帰ったことに始まったそうです。

司馬遼太郎の故郷忘じがたく候 には

同じ薩摩焼の沈壽官窯について書かれています。

この本を読むまでは、薩摩焼に関してはとても浅い知識でした。

けれど、歴史の教科書には書かれていない陶工の方々の苦労などを知り、

複雑でせつない気持ちになりました。

そして、祖父母を思い出しました。

祖父母は沖縄出身で、祖父は琉球漆器の職人でした。

沖縄を離れて他県の工芸所で作品を作っていたのですが、

その当時のエピソードを聞いたことを思い出しました。

 

苦労しながらも、焼き物の技術や文化を日本に残してくださった

陶工の方々に感謝です。

 

龍門司焼の今年の陶器祭りも楽しみにしています。

開催は12月14日(金)〜16日(日)でなんと全品20%オフ!

 

コメント