黒砂糖 加工黒糖と純黒糖は中身も味も違うんです

おやつ

甘いものが食べたい時は黒砂糖。それも純黒糖。

上白糖が使われたお菓子食べるより健康的だし、何より美味しいから!

黒砂糖と上白糖。比較して、ざっと違う栄養素をあげてみると

○黒砂糖100g当り

カリウム 1100mg カルシウム240g

ビタミンB1  0.05mg  ビタミンB2  0.07mg  ビタミンB6  0.72mg

 

○上白糖100g当り

カリウム 2mg カルシウム1g

ビタミンB1  (0)mg  ビタミンB2 (0)mg  ビタミンB6(0)mg (0)は未測定だが文献等で0と推定されたもの。

日本食品成分表2018七訂 医歯薬出版株式会社 より

 

 

そして、黒砂糖には2種類あって、加工黒糖と純黒糖とあります。

ちなみに上の成分表の値は純黒糖です。

加工黒糖は粗糖や糖みつなどに黒糖を加えて作ったもので、

黒糖の使用割合は全体の5%以上。

粗糖はサトウキビの絞り汁のアクを抜いて不純物を沈殿させ、

上積みを煮詰めて作る砂糖で、

糖蜜はさとうきびやてん菜などの原料から不純物を取り除いた液体

 

それに比べて純黒糖はサトウキビの絞り汁だけを加熱や濃縮させたもので

サトウキビの絞り汁100%!!

左が加工黒糖で右が純黒糖

 

なので、加工黒糖より純黒糖の方がビタミンとミネラルがいっぱいです。

そして、純黒糖の方が本当に本当においしいっ!

加工黒糖に比べて味に深みがあってコクがあるんです。

安いインスタントのコーヒーと、挽きたてのドリップコーヒーくらい違う!

物によっては苦味を感じる時も。

少しの苦味が味に奥深さを出してるのかなーと思います。

 

また、黒糖と聞くと沖縄や鹿児島産といったイメージがありますが、

3割は輸入黒糖が占めていて(H20年のデータだとその内の4割は中国)

国内黒糖は307.0円/kg 輸入黒糖は110.8円/kgで価格差は約3倍です。

黒糖等の流通状況 消費者庁より

安い加工黒糖は輸入黒糖を使っているのかなーといった感じですかね。

あ、乳幼児は黒糖は念の為NGです。

はちみつや井戸水と同様に乳児ボツリヌス症の危険があります。

コメント