健康的な炭水化物制限食への道のり

ダイエット

22歳の時に初めて炭水化物制限食を自分の身体で実験。

大学卒業後は病院に内定。1月から研修に入っていましたが、ストレスからか体重が増えてしまいました。

なぜ炭水化物制限食だったかは、大学で習った知識を総動員して考えた結果一番効率よく痩せられる方法だと当時は思ったから。

1日の炭水化物量は20gに設定しました。

白ごはんの炭水化物量は37.1g/100g(食品成分表:女子栄養大学出版部より)ご飯茶碗1杯(150g)だと炭水化物は55.7gです。

なので白ごはんは一切食べず、パンや果物はもちろん、炭水化物の多い野菜(人参、ごぼう、れんこん)もNG。

大好きなパンを我慢するのが一番辛かった…

結果、痩せました。けれど病院の新採用者の健康診断でケトン体が基準値以上でドクターに注意されるという結果に。その後は厳しく制限したストレスでリバウンド。

今なら、なぜ失敗したかがよーく分かります。理由については後日詳しく書きますね。

コメント